大胸筋だけ鍛える

大胸筋をムキっとさせるための秘密兵器

 

「大胸筋だけ」に効く筋トレ、いくつか紹介してきました。

 

僕は諸事情あって、というか手軽にできる「家トレ」を選びましたが、ジムに行くのも家トレも工夫次第であんま変わらへんと思います!

 

「ジムに行かないと筋肉がつかない」っていうのも一理あります。

 

でも、100%そうではないです。

 

極端な例ですが、体操の内村航平選手や白井選手は筋トレしていないそうですね。

 

何でも競技にジャマな筋肉がつくとイヤらしいのでジムとかの筋トレはしていないそう。

 

鉄棒とか平行棒とかの練習だけで、腕も肩もあんなにキムキ

 

まあ、彼らはプロなのでたぶん1日何時間も練習するんでしょうが、筋トレも工夫しだいで家で充分肥大できます。

 

 

では、ジムに行っていい事(メリット)とは・・・

 

ダンベルやバーベルなど、使用目的がはっきりした道具があること。

 

そして、他人もトレーニングしているのでモチベーションがあがること。

 

あと、トレーナーがいるってことでしょうね。

 

 

逆に家トレのメリットは・・・

 

何といっても自分の好きな時間に好きなだけトレーニングできる。

 

自重でしたり、いろんな道具を使ってもできる。

 

フ○チンでしてもいい(笑)

 

ということ。

 

逆にデメリットは、「間違ったフォームや効いていないフォームですると効果が薄い、思ったところに筋肉がつかない。」

 

というとろでしょうか?

 

しかし、大胸筋ってコツを覚えると効かせやすいし筋肥大も「ある程度まで」は十分できるはず、って信じてる!

 

それが前ページで説明したトレーニングです。

大胸筋および筋トレをサポートする最高のツール

 

僕が胸を「ムキッ」とさせるまでに使っていて、今も使っている最高のツール。

 

それが「加圧シャツ」です。

 

 

そう、今人気のやつですや〜ん♪

 

「え〜、着るだけでムキムキって言うやつやん!胡散臭いしホンマに効くの?」って声も多いでしょうね

 

確かに、着るだけでじっとしているだけでは筋肉はつきません。

 

そもそも加圧トレーニングも専用のベルトを手足の根元に巻いて血液を制御して筋トレやダイエット効果を加速するもの。

 

上半身全部ぎちぎちにするわけないし、仮にそんなシャツ着るとSMプレイにハマってしまうかもしくは数分で救急車でしょう(笑)

加圧シャツって名前じゃなくって着圧シャツって言った方がいいかな?

 

金剛筋

 

その効果はズバリ!

 

「力点をバッチリ意識しやすい構造」

 

って言うのがミソです。

 

カンタンに言うと筋トレの時、効かせたい部分にメッチャ意識を持っていきやすい。

 

ってことです。

 

姿勢を矯正するとかいろいろ言われていますが、僕はこの「筋肉に意識」っていう感触が強烈でメチャグッドです♪

 

普通のTシャツはもちろんのこと、スポーツ店のトレーニングTシャツではこの感覚はありません。

 

 

例えば大胸筋に効かせたいとすると・・・

 

着圧シャツを着て筋トレしていると「胸に効いているかどうか?」はっきりわかります。

 

だから、角度とかが違ったりして腕とか肩に力が逃げるのを防いでくれます。

 

ある意味、これが着圧シャツの最大の利点ですね。

 

もし普通のTシャツを着てトレーニングすると「この感覚」は非常にわかりにくいです。

 

ボディビルダーとか、プロのアスリートは裸でしても自分の筋肉のどこに効いているのが細部までわかるらしいです。

 

例えば胸だと、上部か下部か、内側か外側かが瞬時にわかる。

 

その感覚を筋トレ初心者の僕たちにもわからせてくれるありがたいグッズです。

 

あと、ちょっとのトレーニングでも「効いた〜」感が強いので、サボらず追い込めるし、家トレしてもモチベーションあがりますよ♪

 

「筋トレの効果は3ヶ月で自覚してくる」というのは、かの有名ななかやまきんにくんの名言ですが。

 

僕の場合は1ヶ月ちょいで実感してきました。いやマジで。

 

ムキムキを実感するってモチベがメッチャあがりますんで続けやすい。

 

んで好循環です。

 

というわけで、今年の夏は海へ可愛い子を探しにレッツゴー!

 

 

大胸筋をムキっとさせるシャツ